FC2ブログ

8月12日は、& そう言えばPart2

今日、8月12日はあずきちゃんのお誕生日だ! ・・・と思い込んでいたら、あずきと一緒に送られてきた健康診断書を見たら、8月16日生まれだった! ガーーーーーンガーン 犬鑑札も、マイクロチップにも、動物病院にも8月12日生まれで登録しちゃった。 どっちで統一しようかな・・・(^▽^;)


script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=WTs52qg75nW:bhac:No:cc:0lueqF54C6O5If7/xmLeleYRNrEKPL:4BxF:35:6P:hE87habgabW64sWlJUdA7x

今日が何の日かなんてお構いなしの2ワンズ。

来週末は、あずきの3回目+ママのウン十ウン回目の誕生日のお祝いをするのだ~♪ またまたケーキ&寿司かっ!にひひアップ



そう言えば、PartII


先週金曜日の朝10時頃、駅に向かって歩いていると、20メートル程前にビーグルっぽいワンを連れた男性が歩いてた。 『えっ!目』 一瞬目を疑ったけど、どうやら炎天下の中お散歩してるらしい。 慌ててアスファルトに手を当ててみると、いや~もぉ~熱いの何のって。 あれはもう立派な虐待ですよ、虐待。 プーの犬見知りを超える人見知りんの私ですが、これは放ってはおけない! 小走りに男性近づき、思い切って声を掛けた。


私 『お散歩ですか?』


男性 「・・・ハイ」 ←不審そうに超小声で反応


振り向いた男性は、年の頃なら35才前後、キャップを目深にかぶりサングラスを掛け、本人は照りつける太陽から身を守っていらっしゃる。


『差し出がましいかもしれませんが、この時間のお散歩はアスファルトが熱くなってるんで、ワンには熱すぎて』 「あぁ~、わかってます、わかってます、わかってます!」


人の話をさえぎって、わかってると3回も繰り返したその男性は、そのまま炎天下の中をビーグルちゃんを引いて歩いて行きました。 むっ

駅に向かっていた私は、後ろ髪を引かれる思いでその場を離れましたが、もっと強く出るべきだったのかな・・・。あのビーグルちゃんは、少ない日陰に逃げ込むように、歩道の端っこを歩こうと、ずっとリードを引っ張ってました。 可哀想に・・・。 


『わかってるなら、抱っこしてあげてください!』


って言えばよかった。 その日一日中、ずっと後悔・・・。

ワンは飼主を選べない。 あのビーグルが肉球をやけどしてない事を祈るばかりです。

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する